« 夫婦喧嘩 その2<クリスマス> | メイン | バスの中での携帯 »

平日の京葉線の車内でのこと。

新浦安駅から東京方面に電車に乗った。

修学旅行の女子中学生らしき生徒が
10人ぐらい乗ってきた。
車内は空いていたので、
10人それぞれが私の周りに
バラバラに座った。

そこへ30代女性と5、60歳の女性三人が
発車間際に乗ってきた。
三人はドア付近に立っていたが
周りに空いている席が無いのを見ると
突然30代の女性が
「プー、プー」とかわめきだした。

本を読んでいた私は
なにが起きたのかわからず
知的障害者を連れた親子かな?っと思っていたら、
そのうち年配の女性が
「いいわよやめてよ」
すると30代の女性が
「なにいってるのよ、
いい若い者が…」
とか、ぶつくさ言ってる。

どうやら、女子中学生に
暗に年配者に席をゆずれということらしい。

「いいわよ、いいわよ」と年配者。
しつこい30代。

とうとういたたまれなくなった
女子中学生が席を立つ。
そこに年配二人が座る。
そして、30代の女もその前へ移動。
「若い者はゆずるもんよ」と。

「いかにも、自分はいいことをしているんだ」
という態度。

とうとうもう一人中学生が席を立つ。
そこへ「やっとどいたか」という感じで
30代女性が座る。

うーん。
もうかなりの感じで、私は怒りが爆発しそう。
自分から少し離れていたので…
隣だったら絶対注意した。

せっかく東京まできて
みんなと楽しくしていた女子中学生を
気分を悪くさせた大人のおばさん。
そばにいた人も気分悪くさせ、

「道徳を教えてやった」ぐらいのおばさんたち。
そして、えらそうな30代女性。
結局自分もすわりたかった…?

こんな非常識で、自分が正しいと勝手に思っているおばさん。
今日はこれで一日気分が悪くなった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.keiyousen.com/blog/mt-tb.cgi/170

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)