« 靖国神社は昼間から桜と花見で宴会です | メイン | 久しぶりの「そっくり館キサラ」 »

長野で勘違いの善光寺御開帳へ

Yahoo!ブックマークに登録 はてなにブックマーク このページをdel.icio.usに登録 この記事をLivedoorクリップ! このエントリをニフティクリップに登録 このエントリをBuzzurlにブックマーク このページを POOKMARK Airlines の行き先に登録する このエントリを BlogPeople Instant Bookmark に登録 bookmark PingKingポッケに追加





4月5日に長野のホテルにあった
パンフレット。

0-tirasi.jpg

7年に1度の盛儀とある。

そういえばそんなことを
聞いたことがあるような気がします。

これはいいときに長野にきたから
善光寺に行ってみようと。

仁王門に到着。

1-nioumon.jpg

朝10時前
思ったより人がいません。
かなり寒い…これで人が少ないのかな。

2-nakamise.jpg

仲見世通りもこの通り。
人がまばらです。

3-sesonn.jpg

途中にある「世尊院 釈迦堂」
ここに珍しい重要文化財で等身大(1.66メートル)の
銅造釈迦涅槃像があるという。
重さ約500kg。
(※写真撮影は×でした)

いろいろと説明を受けてから
外にでるとなんと雪です。

ジャケット1枚の軽装で
知らずに長野まできたので
風邪をひくかなこれは。

3-sanmon.jpg

山門を目指してGO!
雪もパラパラになってきました。

右手に
六地蔵と並んで濡れ仏があります。

4-nurebotoke.jpg
5-nurebotoke.jpg
6-nurebotoke.jpg

そして山門。

7-sannmonn.jpg

中に入って本堂があります。
やはりこれで7年に1度の御開帳?
あまりにも人がいません。

ちょっと本堂で聞いてみると
なんと!
7年に1度の御開帳は
来年だって!

チラシを取り出してもう一度よくみると
「平成27年4月5日〜5月31日」???
なんのこっちゃ。
また、まぎらわしい
1年も前からこんな宣伝をしているとは…。
ま、こっちの早とちりですかね。


8-honndou.jpg

せっかく来たし、話のタネに
本堂の内陣・お戒壇めぐりを(500円)
してみます。

お戒壇巡りとは、
瑠璃壇床下の真っ暗な回廊を巡り、
中程に懸かる「極楽の錠前」に触れることで、
錠前の真上におられる秘仏の御本尊様と結縁を果たし、
往生の際にお迎えに来ていただけるという約束をいただく道場です。

↑とありましたが、
階段を降りると
いかんせん真っ暗です。
なんにも見えない。
とうとうどこに「極楽の錠前」
があったのか?わからずに
外にでてきました。


9-tyuureiden.jpg

これが忠霊殿。

ま、初めての善光寺巡りは
こんなものでしょう。

帰りに信州そばを食べて帰りました。





keiyousennaviをフォローしましょう




コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2017年11月
 


カテゴリー


京葉線ナビブログが携帯でも読めます。



ブログランキング