« 2週続きの大雪です。潮見では雪の重みで屋根が… | メイン | いつ行こうかと思っているうちに八重洲の桜は満開 »

大分のお城と、聖フランシスコ・ザビエル像に滝廉太郎像

Yahoo!ブックマークに登録 はてなにブックマーク このページをdel.icio.usに登録 この記事をLivedoorクリップ! このエントリをニフティクリップに登録 このエントリをBuzzurlにブックマーク このページを POOKMARK Airlines の行き先に登録する このエントリを BlogPeople Instant Bookmark に登録 bookmark PingKingポッケに追加





大分市の「府内城」(荷揚城)です。

2-funai.jpg

慶長7年(1602)に、四重櫓の天守閣が築かれたが、
寛保3年(1743)の大火により焼失。
以降再建されることなく、現在に至っているとのこと。
でも、美しい…

1-funai.jpg

天守閣は250年以上も前から再建していないと。

そこから道路を渡った角に
あったのがフランシスコ・ザビエル像。

4-zabiel0478.jpg
3-zabieru477.jpg

聖フランシスコ・ザビエルは、天文18(1549)年、日本に渡来し、。
その後鹿児島、平戸、山口で布教し
天文20(1551)年9月、大友宗麟の招きにより
大分に来て布教しました。
昭和44(1969)年12月3日、
この像が建てられたそうです。

9-遊歩講演0483.jpg


この遊歩公園内にはたくさんの記念像があります。
ここでいろいろな像を観て歩くのもいいかな。

5-byouin.jpg

ただし、いちいち道路があって
信号待ちとまっすぐいけないのが
こまったもんだ。

6-takiren40484.jpg

ここが滝廉太郎終焉の地。
「滝廉太郎像」がある

8-takiren0486.jpg
7-takiren0485.jpg

いろいろ調べる間もなく
急いで大分市内をまわったので
とても観光どこではなかったけど、
はじめての大分でした。

しかし、まだよくわかりません。





keiyousennaviをフォローしましょう




コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2017年11月
 


カテゴリー


京葉線ナビブログが携帯でも読めます。



ブログランキング