« 2014年02月 | メイン | 2014年04月 »

2014年03月31日

いつ行こうかと思っているうちに八重洲の桜は満開

さて花見シーズンで
どこの桜を見に行こうかと思っていたら
3月29日 東京駅八重洲の「さくらどおり」は
すでに満開です。

1-sakuradori.jpg
2-sakuradori.jpg

とりあえず、ここの桜を見てみようっと。
ここは公園でもないし
周りはビルばかりです。

4-sakurabiru.jpg

あまりにも道路が雑然と汚い。
午前中だからか
車がいっぱい止まっているので
いいポジションがありません。

そこで見つけたのがこれ

3-sakuramiki.jpg

直接太い幹から
桜が咲いています。
これ面白い。
てっきり桜は
幹から枝にわかれて
そこから花がと思っていましたが
そばに寄ってみるとこれです。

同じ八重洲のさくら通りの
2012年のときは

その他桜に関するブログは
いつもより早い東京の桜「隅田公園」
関東の行ってみたい桜名所ランキング:第1位が目黒川桜並木だって
八丁堀駅、都心の桜です
今日から、お江戸深川 さくらまつり
朝9時過ぎで宴会? 辰巳の森公園の桜
新木場、夢の島公園の桜はこんな感じです
花見のメッカ「上野恩賜公園」の桜、最後の週末
桜 花見 2<靖国神社>
桜 花見<千鳥が淵、北の丸公園>

2014年03月10日

大分のお城と、聖フランシスコ・ザビエル像に滝廉太郎像

大分市の「府内城」(荷揚城)です。

2-funai.jpg

慶長7年(1602)に、四重櫓の天守閣が築かれたが、
寛保3年(1743)の大火により焼失。
以降再建されることなく、現在に至っているとのこと。
でも、美しい…

1-funai.jpg

天守閣は250年以上も前から再建していないと。

そこから道路を渡った角に
あったのがフランシスコ・ザビエル像。

4-zabiel0478.jpg
3-zabieru477.jpg

聖フランシスコ・ザビエルは、天文18(1549)年、日本に渡来し、。
その後鹿児島、平戸、山口で布教し
天文20(1551)年9月、大友宗麟の招きにより
大分に来て布教しました。
昭和44(1969)年12月3日、
この像が建てられたそうです。

9-遊歩講演0483.jpg


この遊歩公園内にはたくさんの記念像があります。
ここでいろいろな像を観て歩くのもいいかな。

5-byouin.jpg

ただし、いちいち道路があって
信号待ちとまっすぐいけないのが
こまったもんだ。

6-takiren40484.jpg

ここが滝廉太郎終焉の地。
「滝廉太郎像」がある

8-takiren0486.jpg
7-takiren0485.jpg

いろいろ調べる間もなく
急いで大分市内をまわったので
とても観光どこではなかったけど、
はじめての大分でした。

しかし、まだよくわかりません。

2014年04月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      


ブログランキング