« 浦安花火大会、途中から花火でなく雷。土砂降りでビショビショずぶ濡れ。 | メイン | 12月20日イオンモール幕張新都心オープン »

盛岡城跡公園、啄木、宮沢賢治…

Yahoo!ブックマークに登録 はてなにブックマーク このページをdel.icio.usに登録 この記事をLivedoorクリップ! このエントリをニフティクリップに登録 このエントリをBuzzurlにブックマーク このページを POOKMARK Airlines の行き先に登録する このエントリを BlogPeople Instant Bookmark に登録 bookmark PingKingポッケに追加





初めての盛岡です。

1-morioka.jpg

とりあえず駅近辺の探索。
お城好きとしては
近くにある「盛岡城跡公園」へ。

223-siro1.jpg

3-siroannai.jpg

まず公園の中を入り、
二の丸があったところに石川啄木の歌碑。

 不来方のお城の草に寝ころびて
 空に吸はれし
 十五の心


4-takuboku.jpg

少年時代の啄木が学校から逃げ出し、
文学書、哲学書を読だのが盛岡城二の丸だそう。
歌碑の文字は金田一京助の書。

そして

5-1hi.jpg5-2hi.jpg

なんだかよくわからないけど
記念碑が。

橋をわたって本丸のほうへ向かう

6-1honmaru.jpg6-2honmaru.jpg

ここが本丸のあったところ。
これだけではなんと淋しいものです。

※1874年(明治7年) 廃城令では当初存城とされたが、
老朽化が著しく一般に払い下げとなり、
ほとんどの建物が解体移築された。
その後、陸軍用地となった土地の建物を除いて旧藩主南部家に払い下げとなる。

7-1hi.jpg7-2hi.jpg

ここにも台座だけのみょーな…

南部家第42代当主利祥の栄誉を後世に残すため旧盛岡藩士らによって、
明治41年(1908年)岩手公園に利祥の銅像が建立された。
しかし、太平洋戦争中の昭和19年(1944年)に
金属供出によって撤去されたため、
現在は台座が残されるのみである…

残念ながらいろいろないきさつがあるのを知り
ま、しょうがないですかね。

ここまらの景色は緑がおいしげり
なかなかです。

8-1nagame.jpg


9-11.jpg9-22.jpg


この雰囲気はいいです。
写真がいろいろ使えそう。

10-1keshiki.jpg
11-1kesiki.jpg

ついでにこの盛岡城跡公園のすぐそばに
宮沢賢治が使用したという井戸があるというので…

12-miyazawa.jpg

ここは井戸ではなく
すぐ下の駐車場にある井戸だそう。

13-ido.jpg

宮沢賢治(明治29年(1896)~昭和8年(1933))は、
岩手県稗貫郡里川口(現花巻市)で生まれる。
盛岡中学校(現盛岡一高)、盛岡高等農林学校(現岩手大学農学部)時代
を盛岡で過ごす。
大正6年(1917)、賢治が高等農林3年生の時、
盛岡中学校に入学することになった弟とともに
下の橋のたもとの玉井家に下宿した。
今では当時をしのぶ井戸だけが残されている。

ということです。


わずか数時間で
いろんなことを知るのには
勉強不足でした。

お腹も空いてきたので
話しのタネに
盛岡冷麺。

2-reimen.jpg

美味しかった!





keiyousennaviをフォローしましょう




コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2017年11月
 


カテゴリー


京葉線ナビブログが携帯でも読めます。



ブログランキング