« 小豆島オリーブサイダー、手打ちうどん | メイン | 新木場駅のコインロッカーが移動! »

東京駅でマネとモダン・パリ展 …三菱一号館美術館

Yahoo!ブックマークに登録 はてなにブックマーク このページをdel.icio.usに登録 この記事をLivedoorクリップ! このエントリをニフティクリップに登録 このエントリをBuzzurlにブックマーク このページを POOKMARK Airlines の行き先に登録する このエントリを BlogPeople Instant Bookmark に登録 bookmark PingKingポッケに追加





東京駅にできた三菱一号館美術館。
7月25日までマネとモダン・パリ展を開催中。
連日、新聞、TVをにぎわしていますが
やっと行ってきました。

京葉線東京駅を丸の内方面改札から出ます。
そして丸ノ内線方面のロード入ってすぐに入り口。

1-出口.jpg2-入り口.jpg

このドアを抜けて、エスカレータで上へいきます。

3-ドア.jpg4-エス.jpg

地上へ出るとビックリ。
ビル街とおもいきや
ここは、緑生い茂るオアシス。

5-広場.jpg6-広場-2.jpg

洒落たカフェには人がいっぱいです。

7-美術館.jpg

三菱一号館美術館。
こちらは裏側ですがここからも入れます。

8-zenntai -1.jpg

レトロ感いっぱいのレンガ造り建物。
この建物は老朽化のために1968(昭和43)年に解体されましたが、
40年の時を経て、美術館として復元しました。

9-ポスター.jpg9-iriguti .jpg

さっそく
マネとモダン・パリ展見学へ。

入場料 1500円。
エレベータで3階まで。
館内での音声ガイド(500円)を借りて中へ。

マネの油彩、素描、版画80点余が出品。
同時代の作家たちの油彩、建築素描、彫刻、写真など約80点もあわせて展示。
これだけで結構わくわくしてます。

平日の午後3時すぎで、かなりの混雑です。

印象派の画家、ルノワール、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、モネ、ドガ。
これらに魅了され、美術書を見ては感動し、
今はないパリの印象派美術館では
感動のあまり、現物の絵の前で動けなくなったこともあった。

マネ。印象派の画家たちよりひと世代上の年齢。
「印象派の父」とも呼ばれ、親分的な存在だったからか、
どうも感覚的には今ひとつ、
明るく、色彩に富んだ印象派の特徴より
黒をたくさん使った肖像画のイメージが強い。

いずれにしても
美術ファンでなくとも一見の価値あり。
三菱一号館美術館へGOです。





keiyousennaviをフォローしましょう




コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2017年11月
 


カテゴリー


京葉線ナビブログが携帯でも読めます。



ブログランキング