« 通販で買った我が家の健康機器その後 | メイン | 続々とオープンする舞浜・新浦安のホテル »

八丁堀といえば、江戸時代の与力・同心組屋敷

Yahoo!ブックマークに登録 はてなにブックマーク このページをdel.icio.usに登録 この記事をLivedoorクリップ! このエントリをニフティクリップに登録 このエントリをBuzzurlにブックマーク このページを POOKMARK Airlines の行き先に登録する このエントリを BlogPeople Instant Bookmark に登録 bookmark PingKingポッケに追加





八丁堀といえば、時代劇の捕物帖でおなじみ
「八丁堀の旦那」と呼ばれた、江戸町奉行配下の
与力・同心の町として有名。

京葉線「八丁堀駅」を東京よりに出て
交差点を渡った、右手に京華スクエアがある。
そこが与力同心組屋敷跡として説明板がある。

与力同心.jpg

広い道路を隔てた反対側が
あの江戸前期の豪商、紀伊国屋文左衛門の居住地だった。
宝永・正徳の人で高名の富豪で紀文大尽と称され、
本八丁堀三丁目全域を屋敷にしたという。
現在はそんな面影もなにもありません。

紀伊国屋.jpg

せっかくなので、少し歩いて松平越中守の屋敷跡へ。
しかし、ここも何にもなし。
江戸時代に松平越中守の屋敷前に架けられ「越中橋」と呼ばれた
久安橋が名前を変えて残っているだけ。

久安橋.jpg

そして上野佐竹(三味線堀)、芝日蔭町とならび
下町の3大商店街と称された「八丁堀仲町」。
最盛期には銀座以上の繁華街ともいわれ、
各地から人が集まった。この通りの賑わいは戦前まで続いたそうな。
現在は「鈴らん通り」という。

すずらん通り.jpg

これが江戸時代の繁華街ですが、現在では昔日の面影は
まったくありません。

そこから、亀島川まで引き返すと、
赤穂義士、堀部安兵衛の碑。忠臣蔵でも知られているが、
「京橋水谷町居住とあるが、八丁堀なのだろうか」
とある。八丁堀に住んでたのか定かでない。
地元町会が建立した碑とのこと。

堀部やすべえ.jpg

道路を挟んだ反対側、亀島橋のたもとに、

二人-1.jpg

写楽・伊能忠敬地域歴史説明板がある。

写楽5.jpg

・東洲斎写楽――江戸時代の浮世絵師。
 「写楽は江戸八丁堀に住む阿波藩の能役者の斎藤十郎兵衛(増補浮世絵類考)」

・伊能忠敬―― 近代的日本地図作成の基礎を築いた人。
 深川の隠宅を八丁堀亀島町で没した。

そのすぐ横には「芭蕉の句碑」がある。

芭蕉.jpg
     
    菊の花咲くや石屋の石の間(あひ)

  松尾芭蕉(1644-1694)が八丁堀を詠んだ。


などなど、八丁堀界隈は江戸時代のさまざまな、
いわれ、名所、歴史上の人物が住んでいたが、
現在は、ビル、ビル…。せめて、資料館みたいなのものでも
つくればいいのに。





keiyousennaviをフォローしましょう




コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2017年05月
 


カテゴリー


京葉線ナビブログが携帯でも読めます。



ブログランキング