« 東京駅は、「京葉線ナビ」のアクセス数が常に1位。 | メイン | 夢の島公園横の電柱の不思議な看板(新木場駅) »

「稲毛海岸駅」ならやっぱり稲毛海浜公園に行ってみる。

Yahoo!ブックマークに登録 はてなにブックマーク このページをdel.icio.usに登録 この記事をLivedoorクリップ! このエントリをニフティクリップに登録 このエントリをBuzzurlにブックマーク このページを POOKMARK Airlines の行き先に登録する このエントリを BlogPeople Instant Bookmark に登録 bookmark PingKingポッケに追加





京葉線「稲毛海岸駅」。

稲毛海岸駅2.jpg

12時ジャスト。昨日の雷雨がうそのような快晴です。
さて、駅前には目もくれずに「稲毛海浜公園」めざしてGO!

駅から歩いていくにはちょっとしんどいので、
車で行くことにしました。

駐車場は一回500円。
平日でしたので、車は駐車場は半分くらい空いてます。

まずは海がみたいので、駐車場から「いなげの浜」へ
一直線に歩きました。

海岸-2.jpg

砂浜はまるで真夏の海岸のようですが、人はちらほら。
まだ海水浴シーズンでもないから
こんなものかな。

遠く海をみてると、こころが清清しくなります。
東京からこんな近くに海岸があるのに感心してます。
砂浜を革靴で歩くのもいまひとつなじまないので、
くつを脱いで、はだしで歩いてみます。
この感触がたまらない。
ザク、ザク、ザク。
波打ち際まで歩く。
ひとりで感動してます。
「うーん。癒される」

時間がもったいないので、このくらいで砂浜からでると
3本の羽の飛行機のプロペラのような風車?

風車.jpg

そして、なんともかわいらしい花の美術館入り口へ。

花入り口.jpg

中に入ると一面が花畑です。
いろいろな種類の花がいっぱい。

花庭園.jpg

玄関入ってすぐ左横の券売機で200円の入場券を買って館内へ。

花玄関.jpg

アトリウムフラワーガーデーンには
女性が喜びそうなフローラルウェディング
(ジューンブライドにあわせた華やかな花ウエディングを演出)

花-アトリウム.jpg

多目的室では、夏の洋ラン展。

花展示会場.jpg

最優秀賞がこれです。

花展示最優秀.jpg


中庭も噴水があって、周りにはたくさんの花が咲いています。

ふんすい.jpg
中庭.jpg


中庭から温室へ。
夢の島植物園雰囲気が似ている…。

温室.jpg


温室の2階にきれいなシクラメンが…。


シクラメン.jpg


そのほかギャラリー、展示室、図書室などが…。

展示-2.jpg花-びん.jpg


花に魅せられて(日本画展)が開催中でした。

絵画-花.jpg


外に出て、お腹も空いたことだし隣のレストランへと思ったら、
平日でも超満員。外までたくさん順番待ちをしてるので
あきらめました。

花時計の前には、バラの花がいっぱいです。

ばら.jpg

何人もカメラでバラの写真を撮っています。


池-2.jpg

その反対側が浜の池。


アスレチック.jpg

パルコース。

こんなところに船が展示してある。

ふね.jpg

広~い芝生広場。
葛西臨海公園並だねこれは。

広場.jpg
広場-2.jpg


稲毛記念館
会議室、和室、茶室などが格安で借りられます。

稲毛記念館.jpg


稲毛民間航空記念館

稲毛航空.jpg
航空記念館入り口.jpg

なぜここにこんな施設が?と思ったら、
「かつての稲毛海岸」が日本民間航空の発祥地なんだそです。
(知らなかったー)

航空中.jpg
航空-中2.jpg


野外音楽堂
観客は1,500人(椅子席500人・芝生席1,000人)収容。

野外音楽堂.jpg


ヨットハーバー。

ヨットハーバー2.jpg


そのほか、バーベキュー施設、テニスコート、野球場、球技場、屋内運動場。

バーベキュー.jpg
野球場.jpg室内運動.jpg


そして稲毛海浜公園プール

プール建物.jpg
プール-2.jpgプール-4.jpg

まだ、シーズンオフでリニューアル工事中でしたが、
今年はは7月15日(土)~8月31日(木)オープンの予定。
新規スライダー施設と子ども用遊具が新たに加わります。
夏がまちどおしいですねー。

とにもかくにも、稲毛海浜公園の施設の充実さには脱帽です。
京葉線沿線の海浜公園ではダントツの施設です。
家族で、カップルで、サークルでいろいろ楽しめます。





keiyousennaviをフォローしましょう




コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2017年03月
 


カテゴリー


京葉線ナビブログが携帯でも読めます。



ブログランキング