« 自然がいっぱいの京葉線「葛西臨海公園駅」 | メイン | 「稲毛海岸駅」ならやっぱり稲毛海浜公園に行ってみる。 »

東京駅は、「京葉線ナビ」のアクセス数が常に1位。

Yahoo!ブックマークに登録 はてなにブックマーク このページをdel.icio.usに登録 この記事をLivedoorクリップ! このエントリをニフティクリップに登録 このエントリをBuzzurlにブックマーク このページを POOKMARK Airlines の行き先に登録する このエントリを BlogPeople Instant Bookmark に登録 bookmark PingKingポッケに追加





東京駅周辺を紹介するには、あまりにもたくさんの施設、店舗があり、
一回だけでは紹介しきれません。

赤レンガ-2.jpg

どこから東京駅を紹介しようか迷いましたが、
東京に住んでいながら、ほとんど行ったことのない「皇居」に行ってみようと。

京葉線東京駅から丸の内方面へ向かって地上へでました。
今日はあいにくの小雨ですが、傘もささずにかまわず歩いてみました。

出口ところに昨年11月にオープンしたTOKIAがあり、

TOKIA.jpg国際フォーラム.jpg

左手には、東京国際フォーラム。

そして、皇居に向かって次の通りが、ティファニーほかブランドショップ、
レストラン、カフェが並ぶお洒落な丸の内仲通り。その先が馬場先門。

東京通り-2.jpg東京通り.jpg

ここから皇居の外堀です。
大都会のビル群と江戸の昔の境目?かな。

外堀.jpg

お堀を越えると「特別史跡 江戸城跡」の説明が…

江戸.jpg

「1457年太田道灌により創築…
徳川家康、秀忠、家光の三代にわたって完成…
明治維新後江戸城は皇居となり…
この江戸城は跡は、300年近くにわたる将軍の居所として、
また政治の中心としての史的価値が極めて大きく、
その規模はわが国随一のもの…」
うーん、歴史の重みを感じてしまいました。

江戸地図.jpg

となりに皇居全体の案内図があります。

はとばす.jpg

どうやらこの先に、はとバスが止まってます。
ここが団体さん用の駐車場ですね。
修学旅行らしき中学生もいます。

ここでおみやげ、食事ができます。

楠木-2.jpg

正面に楠木正成の銅像があり、みんな記念撮影をしています。

警視庁.jpg

内堀通りを渡ると、警視庁をバックに桜田門。
(警視庁のことを桜田門ともいいますよね…)

広場-松.jpg

この辺の広大な芝生と松の木が、手入れが行き届いていて、
なんともいえない清々しさをかんじさせます。
芝生の中の松の木をずーと眺めていると、
一本一本がそれぞれ自己主張をしているような。(人間みたい)

二重橋.jpg二重橋-3.jpg

正面が皇居正門と二重橋。
この辺の美しさもなんともいえません。

門.jpg

ずーと歩いて坂下門。警備の人がなんとなく恐そう。
奥のほうに宮内庁がみえます。

宮内庁.jpg

それにしても広い。広い。

広場からビル.jpg

この広い敷地に、徳川軍が何万、何十万と集まっていたのかな。
なんか感慨深いものがある。

美景-うちぼり.jpg
内堀-2.jpg

この辺の大手門方面の内堀も、手入れが行き届いていて、とても美しい景観です。
こころが癒される。都会の騒々しさがない。
遠くには高層ビルが立ち並び、
車の騒音がうるさくてかなわないのに、
ここでは、まるで聞こえてこない。

石垣.jpg

お堀の石垣を眺めていると、戦国時代を想像させる。
そういえば昔、山岡荘八の徳川家康(全26巻)を二回も読んだっけ。

皇居外苑を歩く。

内堀通りのところから、車の進入を防ぐために、
大きな石がたくさん柵のように並んでいる。

ジョギング.jpg

その横を、学生、おっさん、外人…、
実にいろいろな人が小雨の中、ジョギングで駆け抜けて行く。

東京駅方面.jpg

ここから東京駅の赤レンガの建物を正面にみることができる。

噴水.jpg

内堀通りを渡ると、和田倉噴水公園。
昭和36年に天皇陛下(当時皇太子殿下明仁親王)の
ご成婚を記念して造られたそうな。

公園を出たところで、かなり高齢の腰の曲がったおじいさんが、
石でできたベンチを一生懸命雑巾で拭いている。
ただただ、一心不乱に、わき目も振らず、ずーっと拭いている。

じいさん.jpg

このおじいさんは、きっと毎日やってるのだろうな…。
いったいどんなことを考えているのだろう。
天皇陛下のなにか役にたちたいと思って…。

小雨の中の皇居外苑散策でしたが、
とっても心が癒された不思議な時間でした。
ストレスが溜まったとき、一人静かに考えたいとき、
この自然の景観と、スケールの大きなこの場所で
癒されてみませんか。





keiyousennaviをフォローしましょう




コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2017年09月
 


カテゴリー


京葉線ナビブログが携帯でも読めます。



ブログランキング