« ダイニング&バー「Erotikava」【エロチカヴァ】へ行ってきました。 | メイン | 京葉線新浦安の海側もすごいけど、海浜幕張はもっとカッコイイ! »

2回目、浦安温泉「湯巡り万華郷」レポート

Yahoo!ブックマークに登録 はてなにブックマーク このページをdel.icio.usに登録 この記事をLivedoorクリップ! このエントリをニフティクリップに登録 このエントリをBuzzurlにブックマーク このページを POOKMARK Airlines の行き先に登録する このエントリを BlogPeople Instant Bookmark に登録 bookmark PingKingポッケに追加





前回水着ゾーンには寒そうで行けなかった。
今日は3月4日土曜日、天気もよし。
午前中はイクスピアリの映画館でで「県庁の星」を観て感動して、
午後2時過ぎ、浦安温泉「湯巡り万華郷」に。

受付で500円の水着をレンタルして、水着混浴エリアへGO。
受付から先は、ずーと奥の源泉館まで屋根とガラスで囲った渡り廊下(回廊)が続いています。
(これなら寒くない? 今日はいい天気なのでまず平気)

屋外の水着混浴エリアのお風呂は、全部で12あります。
一番奥の「明鏡止水の湯」「田園の湯」の隣は、
まだ作業中なのか、途中で止めたのか
中途半端な露天風呂が2つある。(入れないけど…)

遊歩の湯(足湯)が、その12の湯をつなぐように細長くあります。
(大江戸温泉のように、足湯で歩いていて痛くはありません)
変わったところでは、空洞の湯(大きなかまどの中にでも入ったような…)、
これだけたくさん露天の岩風呂があるところ(水着着用、男女混浴で)は
近くにはあんまりないようなきがする。

瀬田温泉「山河の湯」は、こんなにたくさんなかったし、
「スパ/ホテル三日月龍宮城」は、プールみたいなのばっかりで、こんな和風情緒はなかった。
「大江戸温泉物語」は、水着混浴はない。
これは、浦安温泉「湯巡り万華郷」の最大の売りにできる。
カップルで、家族で楽しめる露天風呂です。

回廊の途中に休憩所があって、ドリンクコーナー、リラクゼーションコーナーがあります。
今回はこの、「ドゥーラヴィラス」というインド式ヘッドセラピーを60分コースで受けてみました。

前回タイ古式セラピーは足からスタートでしたが、
このインド式は頭からスタートです。(初めてなので…とまどい)
頭にもオイルをぬって、頭、首、肩、背中、ともみほぐし、
腕と足もオイルマッサージ。
ずーといすにすわったままの姿勢です。
だから、腰のマッサージはなし。
それでもインドといえば、アーユルヴュータの発祥の地なので、
なんかそれだけで、効いてるきがしてしまう。
このインド式もいいかも。
(まだ、ほかのがあるので、全部試してから何があうか…)

けっこう満足して、リラックスルームへ。
あれー、今日は混んでいてすわるところがない。
では、食事にでもと…。
今日は混んでるので、宴会用個室がある2階がかなり人が行き来している。
入り口にメニューがある。
「あれ、こないだ和食がない」と思っていたら、宴会用には、ランチ、ディナーとも和食です。
カラオケも宴会個室は無料で付くみたい。
「へぇー」今度、大勢でこよー。

結局1階のセルフの店へ。
ふんわりオムレツとコーンスープを注文。
あれ、コーンスープが変な底の深いサラダをいれるような丼みたいな器に入ってる。
スープ用のスプーンがあるのにそれはないだろうよ。スープ皿はないの?
(また、文句いっちゃった)

食べ終わりセルフなので片付けに行くと、「喫煙コーナー」とかいてある。
「ここタバコ吸えるんだー」
コーヒーを注文して一服。
いつのまにか、かなり混みだしてきました。
さすが土曜日の夜。
なんとなく安心して帰りました。
あれー、外も駐車場がかなり一杯になっている。
京葉線つかってくるより、車が楽かな。

駐車場2.jpg





keiyousennaviをフォローしましょう




コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2017年11月
 


カテゴリー


京葉線ナビブログが携帯でも読めます。



ブログランキング